乾燥肌に効果のある化粧品|肌ケアで美白美人になろう

最近注目の美肌成分とは

女性

優れた抗酸化作用を発揮

お肌の大敵といえば、まず第一に名前が挙がるのが紫外線です。紫外線はメラニン色素を産生してシミやそばかすの原因となるばかりでなく、活性酸素を生み出す原因となります。活性酸素は肌細胞を老化させ、シワやたるみなどさまざまな肌トラブルを引き起こします。こうしたことから、多くのスキンケア商品には活性酸素の働きを抑える作用、すなわち抗酸化作用を持つ成分が配合されています。中でも優れた抗酸化作用を持つ成分として知られているのがビタミンcです。ビタミンcは加工食品の酸化防止剤などに使われていることからも分かるとおり、物質の酸化を抑える作用があります。そのため、美容界においても抗酸化物質として広く利用されています。

浸透しやすいように調整

ところで、化粧水などのコスメグッズのラベルを見ていると、時おり配合成分としてビタミンc誘導体と書かれているのを目にすることがあります。このビタミンc誘導体とはビタミンcそのものではなく、体内に入った後でビタミンcに変化する物質のことをいいます。ビタミンcは優秀な抗酸化物質ですが、実はそのままの形ではお肌に浸透しにくいという注意点があります。ビタミンcは分子構造が不安定なため壊れやすく、また水溶性なので顔の脂ではじかれてしまいがちなのです。この課題を解消したのがビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体は脂とも親和しやすい性質があるため肌に浸透しやすく、角質層の奥深くまで届きます。そのためお肌の状態を根本から改善できるのです。