成否を左右する

講義

目的をもって選んで

講演会に必要な講師を紹介してもらうには様々な方法があります。多いのは直接申し込むという方法です。たいていの講師は講演を本業としているわけではなく、本業の傍ら講演会の講演を引き受けています。そのため、専用のサービスに登録していることはあまりないのです。直接申し込むにも、手紙、電話、メール、直接会って依頼といった様々な方法がありますが、近年のメインはメールです。多忙な講師だと電話や直接会うための時間はなかなか避けませんし、場所と時間の都合もあります。手紙では逆に悠長すぎるかもしれません。バランスのとれたメールが最適です。その際は講演会の日時、謝礼や交通費の有無と具体的な金額、講演会の企画概要、差出人の情報をきちんと記載しましょう。テレビなどのメディアによくでている有名人ならば講師紹介サービスなどに登録していることも多く、そういう場合はサービスを通じて紹介してもらうのがよいでしょう。サービスを通じて依頼することで希望する情報をむらなく伝えることができますし、講演会の企画や予算などから最適な講師を紹介してもらうこともできます。知人などを通じて紹介してもらうというのも一つの方法です。知人を介することで依頼を受けてもらいやすくなりますが、その場合でも謝礼などは明確にしておくことが大切です。また断りにくくなってしまうので、講師の質を事前に確認してから正式に申し込むかどうか決めるのも大切です。講演会の成功は講師にかかっているためです。

Copyright© 2017 講師を紹介してもらい講演会を成功させよう!評判などを要チェック All Rights Reserved.